福島県の温泉

岳温泉 陽日の郷あづま館福島県内には名湯・秘湯が沢山あれど、日帰り入浴ができる時間帯というのは、宿泊される方がチェックインされるまでの午後15時までが基本です。
そうしたなか、岳温泉の陽日の郷(ゆいのさと、と読む)あづま館は、午後8時まで日帰り入浴可能な施設なので、福島県の名湯・秘湯めぐりの締めくくりには最適な温泉です。
陽日の郷あづま館が日帰り入浴できるという情報は旅行雑誌や各種サイトなどには記載されていませんが、今回、相方が露天風呂の写真に引かれて宿に問合せたところ、日帰り入浴は可能で、しかも午後8時までというお返事を頂いていました。

詳細はこちら

幕川温泉 幕川水戸旅館の案内看板幕川温泉へは、東北自動車道福島西土湯ICから国道115号を磐梯会津スカイラインに向かう峠道を登って、スカイライン入り口手前で右手にいく舗装された林道に入ります。
右 手に入る林道の入り口(右手)には、このように大きな看板があるので、迷うことはないでしょう。古ぼけた木の大きな立て看板に「原生林の秘湯、幕川温泉」 とは、名湯・秘湯の香りがプンプン漂ってきます。林道を道なりに、車で約15分ほど、道の突き当たりが幕川温泉となります。

詳細はこちら

高湯温泉 旅館玉子湯のエントランス福島屈指の名湯と名高い高湯温泉は玉子湯。
標高が高い場所にある温泉なので東北三高湯のひとつでもあります。

場所はというと、福島西ICから磐梯吾妻スカイラインに入る手前、うねうねとした峠道の途中の左手側に旅館玉子湯はあります。途中の道々でお宿の看板があるので迷うことはなく、福島西ICからは約20分ほどの道のりです。 詳細はこちら