鳴子温泉 餅処深瀬の元祖栗だんこ

餅処深瀬の元祖栗だんこサイトのトップページに掲載しているのが、こちらの餅処深瀬の元祖栗だんご。

お店の場所は鳴子温泉駅改札を出た後、表通りを左折し、道なりに進むと左側に我々が宿泊した「ねまりこの宿ますや」や共同浴場「滝の湯」などへ向かう角がありますが、しばし直進。すると右手にお店があります。
駅からの時間は徒歩5分ぐらい。滝の湯付近の宿からは徒歩3分もかからないでしょうね。

お店の左奥にちょっとしたコの字になったコーナーとテーブルがあって、栗だんごを店内で食べることができます。一辺に大人2人づつ、6人が余裕を持って座れるぐらいのスペースです。
お店の旦那さんに、店内で食べていくか、持ち帰るかを訊ねられますので、お急ぎでない方は是非とも店内でお召し上がり下さい。店内で食べていく旨を伝えると作りたての暖かい栗だんごとお茶を出してくれますので、より一層美味しく食べることができます。

栗だんごは、ご覧のとおり、大きな栗をお餅で包み、甘辛しょうゆ味の餡がかかっているというもの。

栗だんご

大きなみたらし団子の中に大きな栗の甘露煮が丸々一粒入っているというのが的確な表現でしょうか。ホックリの栗の甘露煮が、もっちりとした柔らかいお餅で包まれ、甘辛しょうゆの餡と相まって、何ともいえない美味しさが口いっぱいに広がります。

きっと冷たくなっていても美味しいお団子だとは思いますが、やはりここは、あったかほかほかの作りたての栗だんごを店内で食べるのが正解でしょう。

栗だんごの大きさは大福モチぐらいの大きさです。2つで一人前になっていて、一つがそこそこボリュームがあるので、二人で一個づつ頂くのが ちょうど良いと思います。当日作った分が売切れ次第販売終了となってしまうので、宿にチェックインした直後の夕食前、それを逃したら翌朝のチェックアウト 直後のお昼の前に、と2パターンをスケジューリングしておけば食べ逃すこともないと思います。

鳴子温泉の元祖栗だんご、餅処深瀬の店内でお茶と一緒に出来立てホヤホヤ是非をどうぞ。美味です。

[`yahoo` not found]
[`yahoo_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
Facebook にシェア